医師

手軽に行なえる施術

頬を触る人

筋肉の肥大が原因

エラが張っている人は、骨格が原因だと考えている人もいるでしょうが、それは骨格だけでなく筋肉が肥大したことも原因の一つです。歯を食いしばると耳の内側付近に盛り上がる部分がありますが、これは咬筋と呼ばれ、物を食べるときには必要になる筋肉です。人は毎日食事をして、この咬筋を使って食べ物をかみ砕いています。そのため、毎日使うことでこの筋肉が鍛えられ、他の筋肉と比べてもとても発達します。エラが張る原因に骨格もありますが、この筋肉が発達することでさらにエラが張った状態となってしまいます。人が食事をする上で必要な筋肉なのですが、この筋肉が発達する理由は日頃の食事だけではありません。現代はストレス社会とも呼ばれ、多くの人がストレスを抱えながらの生活を送っています。このストレスによって筋肉が発達してしまうことが原因ともなっているようです。ストレスの多い生活を送っていると知らず知らずのうちに、食いしばっていたリ、寝ているときには歯ぎしりをする人もいます。このことで、咬筋が鍛えられてしまい、筋肉が肥大してしまいます。エラが張ることの原因の一つが咬筋であるなら、少しでもこの咬筋を減らしたいと考える人もいるでしょう。そんな人に人気があるのがボトックスを使用する施術です。ボトックス注射をすることで、咬筋の働きを弱めることができ、徐々に筋肉の力が弱まり、エラが張った状態も軽減させることができます。ボトックスを使用した施術は、エラの張った状態の部分にボトックス注射をして改善させる施術内容となっており、ボツリヌス菌から抽出したタンパク質を利用します。この注射をすると、一時的ですが筋肉を麻痺させることができ、筋肉を使う頻度が減少することで筋肉を細くすることができます。ボトックスを使用した施術を受ければ、すぐに筋肉の働きを弱めることができますが、筋肉が細くなるまでには1ヶ月程度はかかると考えておきましょう。ストレスによって歯を食いしばったり、睡眠中の歯ぎしりは何気なくしているため、意識的にやめるのは難しいです。また、ストレスを受けない生活を送りたいと考えても、現代社会ではどんな生活を送ってもストレスのない生活も難しいでしょう。そんな無意識にしてしまう食いしばりや歯ぎしりも、ボトックスの施術なら解消することができます。このボトックスの持続効果は3〜4ヶ月程度ですが、この施術を受けることで筋肉の働きが弱められ、癖のようになっていた食いしばりや歯ぎしりも改善させる効果もきたいできるでしょう。エラのハリが気になる人はボトックス治療を考えてみるのも良い方法です。